スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鮭のみぞれ鍋 

鮭のみぞれ鍋

【材料】
海鮮ふりかけ
生鮭
じゃがいも
かぶ
かぶの葉
しいたけ
ワカメ
豆腐
大根おろし

(トッピング)
大根おろし
すりゴマ


【作り方】
鮭はトースターで焼いて、骨を取り除きほぐします。皮はみじん切りにします。

海鮮ふりかけで出汁を取り、鮭と皮、みじん切りにした野菜等を加えて煮込みます。最後に大根おろしをくわえて出来上がり。

大根おろしがたくさんできたので、トッピングにも使いました。


【一言】
「鍋」とはいっても、冷めてから与えましたけどね。





ブログ村のランキングに参加しています。クリックありがとうございます。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

本家ブログはコチラ。
『いたずらじいさん、今日も行く』
スポンサーサイト

お好み焼き定食 

お好み焼き定食

【材料】
以前作ったお好み焼き
海鮮ふりかけ
かぶ
かぶの葉
にんじん
味噌

(トッピング)
大根おろし
納豆


【作り方】
お好み焼きは解凍して、食べやすくちぎっておきます。

海鮮ふりかけで出汁を取り、みじん切りにした野菜と、少量の味噌で、味噌汁を作ります。

お好み焼きに味噌汁をかけて、トッピングをしたら出来上がり。よく混ぜてから与えます。


【一言】
年末の冷凍庫一掃メニュー第2弾です。

味噌は塩分が多いので、少量加えました。香りが立って、食欲もわくみたいです。ヨボはいつも食欲旺盛ですけど。





ブログ村のランキングに参加しています。クリックありがとうございます。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

本家ブログはコチラ。
『いたずらじいさん、今日も行く』

囲炉裏おじや 

囲炉裏おじや

【材料】
海鮮ふりかけ(鯵・青のり・ヒジキ)
にんじん
かぶ
かぶの葉
チンゲン菜
しいたけ
ジャコ
雑穀入りご飯

(トッピング)
安納芋
名前の分からない赤い大根
納豆
すりゴマ
亜麻仁油


【作り方】
椎茸は囲炉裏で焼いてみじん切りにします。安納芋も、囲炉裏で焼き芋にしておきます。

海鮮ふりかけで取った出汁に、椎茸や他の野菜を加え、水洗いしたご飯も一緒に煮込みます。

トッピングをして混ぜたら出来上がり。


【一言】
今日は囲炉裏でいろいろ焼いたので、ヨボのゴハンにもおすそ分けです。

トッピングに使った赤い大根というのは頂き物なのですが、名前が分かりません。ラディッシュのような味がしましたけど。サラダや酢の物に向いているということなので、煮込まずに生のまま与えました。多分、消化酵素も含まれているでしょう。なんていう名前なのかなぁ。





クリックありがとうございます。更新の励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

本家ブログはコチラ。
『いたずらじいさん、今日も行く』

かぼちゃのおじや 

かぼちゃのおじや

【材料】
海鮮ふりかけ
かぼちゃ
にんじん
ごぼう
小松菜
高野豆腐
ジャコ
雑穀入りご飯

(トッピング)
挽き割り納豆
すりゴマ
亜麻仁油


【作り方】
海鮮ふりかけで出汁を取り、みじん切りにした野菜等と、水洗いしたご飯を加えて煮込むだけ。

トッピングをして混ぜれば出来上がり。


【一言】
いつもはかぼちゃの皮を剥いているのですが、今回初めて、皮付きのまま使ってみました。消化しやすいように、いつもよりじっくり煮込みましたよ。
ゴマは、与える直前に擦っています。





クリックありがとうございます。更新の励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

本家ブログはコチラ。
『いたずらじいさん、今日も行く』

冷凍庫一掃おじや 

冷凍庫一掃おじや

【材料】
牛肉の赤身(冷凍庫にあった)
干ししいたけ
海鮮ふりかけ
れんこん餅(冷凍庫にあった)
ごぼう
にんじん
かぶ
かぶの葉
キャベツ
雑穀入りご飯(冷凍庫にあった)

(トッピング)
大根おろし
アルファルファ


【作り方】
牛肉・干ししいたけの戻し汁・海鮮ふりかけで出汁をとり、みじん切りにした野菜等と、ちぎったれんこん餅を加えて煮込みます。さっと水洗いしたご飯も加えて、柔らかくなったら出来上がり。

トッピングをして混ぜてから与えます。


【一言】
年末なので、冷凍庫の掃除も兼ねて、ごった煮のおじやを作りました。





クリックありがとうございます。更新の励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

本家ブログはコチラ。
『いたずらじいさん、今日も行く』

クリスマステーキ 

クリスマステーキ

【材料】
マカロニ
牛肉の赤身
オリーブ油
じゃがいも
にんじん
フレッシュリーフ(※下記参照)
すりゴマ
アボカド
レモン汁

(トッピング)
アルファルファ
エンザイム


【作り方】
マカロニは、柔らかめに茹でて、食べやすくちぎっておきます。アボカドもみじん切りにして、レモン汁を少しまぶしておきます。

じゃがいもとにんじんを茹で、つぶすようにみじん切りにします。フレッシュリーフも茹でて、食べやすく切ります。野菜は、すりゴマで和えます。

牛肉は、オリーブ油を薄く引いたフライパンで焼き、食べやすい大きさに切ります。

準備できた食材を器に盛り、アルファルファをトッピングして出来上がり。消化酵素のエンザイムをふりかけ、よく混ぜてから与えました。


【一言】
クリスマスということでスペシャルディナーです。と言っても、この程度ですが。

フレッシュリーフというのは、たまたま八百屋さんで見つけたのですが、ブロッコリーとカリフラワーを掛け合わせたものだそうで、生の状態では紫色をしていて、茹でると深い緑色になる野菜です。味はブロッコリーと同じでした。

尚、アボカドに含まれる「サポニン」という成分が、中毒を引き起こすという話もあるようです。どの程度、信憑性があるか分かりませんけど。





クリックありがとうございます。更新の励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

本家ブログはコチラ。
『いたずらじいさん、今日も行く』

朝の和定食 

朝の和定食

【材料】
海鮮ふりかけ(鯵・ヒジキ・ゴマ)
にんじん
カブ
カブの葉
白菜
椎茸
高野豆腐
雑穀入りご飯

(トッピング)
大根おろし
ドライ納豆
アルファルファ
亜麻仁油


【作り方】
海鮮ふりかけで出汁を取り、みじん切りにした野菜等と、水洗いしたご飯を加えて煮込みます。

トッピングをしてよく混ぜたら出来上がり。


【一言】
前回に引き続き、ヨボの友人っぽいチワワ・ジュノさんも一緒に朝ごはんです。手作りゴハンに慣れていないジュノさんのために、ご飯はいつもよりじっくり煮込みました。また、消化を促す大根おろしも添えました。





クリックありがとうございます。更新の励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

本家ブログはコチラ。
『いたずらじいさん、今日も行く』

冬至のおじや 

冬至のおじや

【材料】
鶏胸肉の茹で汁
かぼちゃ
にんじん
白菜
チンゲン菜
しめじ
豆腐
クルミ
雑穀入りご飯

(トッピング)
鶏の胸肉
大根おろし
アルファルファ
亜麻仁油


【作り方】
鶏の胸肉は水から茹でて、いったん取り出しておきます。この茹で汁に、みじん切りにした野菜などと、水洗いしたご飯を入れて煮込みます。

食べやすく裂いた鶏肉などをトッピングして、よく混ぜたら完成です。


【一言】
冬至ということで、かぼちゃを使ったおじやにしました。また、この日は、ヨボの友人(?)のジュノさんが泊まりに来てくれたのでいつもよりちょっとだけ、豪華な感じです。





クリックありがとうございます。更新の励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

本家ブログはコチラ。
『いたずらじいさん、今日も行く』

「まごはやさしい」煮 

まごはやさしい煮

【材料】
海鮮ふりかけ(鯵・ヒジキ・ゴマ)
じゃがいも
にんじん
白菜
小松菜
しいたけ
高野豆腐
ジャコ…お湯をかけて塩抜きしました

(トッピング)
大根おろし
すりゴマ
ドライ納豆
亜麻仁油


【作り方】
海鮮ふりかけで出汁をとり、そこへみじん切りにした野菜を入れて、じゃがいもがぐすぐすになるまで煮込みます。

トッピングをしたら出来上がり。


【一言】
人間のバランスの良い食事ということで「まごは(わ)やさしい」という目安があります。「豆・ゴマ・ワカメ(海藻)・野菜・魚(小魚)・しいたけ(キノコ)・芋」ということですが、これってヨボの食事にも当てはまりそうだな、ということで作ってみました。犬のくせにやたらヘルシーです。





クリックありがとうございます。更新の励みになります。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

本家ブログはコチラ。
『いたずらじいさん、今日も行く』


ポップライス丼 

ポップライス丼

【材料】
海鮮ふりかけ(鯵・カツオ節)
大根
白菜
小松菜
にんじん
干し椎茸
ワカメ
きな粉
発芽玄米ポップライス

(トッピング)
すりゴマ
亜麻仁油


【作り方】
海鮮ふりかけと、干ししいたけの戻し汁で、みじん切りにした野菜ときな粉を煮込みます。

器に、ポップライスを割り入れておき、上から煮込んだ野菜をスープごとかけます。

トッピングをして、よく混ぜたら出来上がり。


【一言】
干ししいたけには、生のしいたけよりも、ビタミンDが豊富に含まれているそうです。ビタミンDは、カルシウムとともに、骨を丈夫にする効果があります。また、貧血予防のビタミン12も豊富だとか。ただ、消化しづらいので、細かくみじん切りにする必要があります。

ファンケルの発芽米ポップライスについては、コチラの過去記事もご参照ください。





クリックありがとうございます。おかげ様で1位をキープ!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

本家ブログはコチラ。
『いたずらじいさん、今日も行く』

噛まれてもおじや 

噛まれてもおじや

【材料】
海鮮ふりかけ(鯵・ヒジキ・ごま)
安納芋
にんじん
小松菜
しめじ
エリンギ
雑穀入りのご飯

(トッピング)
生のキャベツ
きな粉
亜麻仁油


【作り方】
海鮮ふりかけで出汁をとり、みじん切りにした野菜と水洗いしたご飯を加えて煮込みます。

トッピングをしたら出来上がり。


【一言】
この日は、ヨボの肛門を拭いたときに手を噛まれるという事件が勃発し、心中穏やかでない状態でしたが、そんなときでもゴハンの用意をすることで、平常心を取り戻しました。

生のキャベツは、「キャベジン」と呼ばれるビタミンUが含まれていて、胃腸の働きを良くしたり、がん予防にも効果があるとされています。ふだんは、おやつとして与えるのですが、今回は食事の中に混ぜてみました。





クリックありがとうございます。おかげ様で1位をキープ!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

本家ブログはコチラ。
『いたずらじいさん、今日も行く』

手作り食に変えたワケ~その2~ 

前回(「手作り食に変えたワケ~その1~」)の続きです。

ヨボ(チワワ・5歳)に「大腸炎」の診断が下されたのが、今年の4月でした。2種類の療養食をきっちり測り、それ以外の食べ物は一切与えない日々が続きました。オフ会などに行って、他のわんこがおやつを食べている中、ヨボだけが療養食を2~3粒、おやつ代わりに食べていたのは、涙を誘うお話です←?

便の状態が一進一退のまま療養食生活も1ヶ月ほどになり、そろそろ別の獣医さんを探してみようかと思っていたころ、ヨボの皮膚が急に黒ずんでしまったのです。

皮膚

初めは単なる汚れかと思っていましたが、2~3日のうちにあっというまに黒さが目立ち、脱毛や肌荒れなども見られるようになりました。

お医者さんによると、療養食の副作用で、肌の色が黒くなることもあるとのことでしたが、大腸炎の治る兆しはないし、皮膚も黒ずむようでは、このまま療養食を続けても、治らないような気がしてきました。


そこで、思い切って、須崎動物病院の須崎恭彦先生に往診をお願いしてみたのです。

何ヶ月も待つことを覚悟していましたが、運良くキャンセルの方が出たということで、思ったより早く診ていただけました。

先生には「今日から何でも食べさせて良い」「1~2週間の下痢は気にするな」と言われ、その日の夜から手作り食が復活したのです(そのときの様子は、本家ブログ『いたずらじいさん、今日も行く』コチラの記事に記してあります)。

手作り3

これが、その夜作った野菜ペーストです。じゃがいも・大豆・じゃこ・鳴門わかめ・干ししいたけ・にんじん・すりゴマ・オリーブ油を、ぐつぐつ煮込んで、ペーストにしました。

ヨボは、その日の朝まで食べていたゴハンと180度違うものに少し驚いていましたが、しっかりと完食してくれました。


手作り4

その後、徐々に固形のトッピングを増やしていき、


手作り5

ペーストを卒業し、


手作り6

ついには胚芽米や押し麦などの穀物を使ったおじやも、ちゃんと消化できるまでになりました。

また、黒ずんでいた足やお腹の皮膚もほとんど元に戻り、肌のツヤも出てきました。もちろん、脱毛もなく毛並みも良くなりました。

今でもときどきは、フードや売られているトッピング材料を利用しますが、そういったものも含めて、いろいろな食べ物から栄養をとれるようになったのは、本当に嬉しい限りです。このまま手作り食によって病気にかかりにくい体になると良いな、と思います。そして、たとえ病気になっても、できるだけ食事で治していければ良いな、と考えています。





クリックありがとうございます。おかげ様で1位を獲得!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

本家ブログはコチラ。
『いたずらじいさん、今日も行く』

手作り食に変えたワケ~その1~ 

ヨボ(チワワ・5歳)のゴハンは、我が家に来たときからずっとドライフードでした。3歳くらいまでは、銘柄も特に気にすることなく、ペットショップで安く買えるものにしていました。

しかし、3歳を過ぎたあたりで、獣医さん曰く、それまで食べていたフードが合わなくなったようで、粘膜便を出すようになりました。

そこで、フードを変えたら、今度は急に太ってしまい、それなら別のフードを探そう、などという、いわゆる「フードジプシー」になりかかりました。

そんなときに、「手作り食」という選択肢もあるという情報を得て、ためしに挑戦してみるか、ということで、手作りゴハンとのかかわりが始まったのです。



手作り1

初めのうちは、フードにササミやキャベツをトッピングするというスタイルで、そのうちフードを外していろいろな食材を使ってみるようにしました。

この画像は、ちょうど1年前に作ったうどん(大根・水菜・春菊と讃岐うどんを、ササミのスープで茹で、ひじきと納豆のふりかけや、ごま油を垂らしたもの)なのですが、いま見直してみると、勉強不足なのがよく分かります。

まず第一に、量が少ない。

カロリー計算とか、まったくしていませんでしたねー。「頭1つ分」という目安は知っていたと思いますが、それさえもアヤシイ。



手作り2

また、これもだいたい1年前に作ったパスタ(カボチャ、サツマイモ、ニンジン、ゆで卵、クリームチーズ、パセリ、オリーブ油など)ですが、消化のことを考えていません。にんじんは消化しづらいので、もっと小さいみじん切りにしないといけません。あ、ヨボの場合ね。


その後も、多少は勉強をして、生肉を使ったり、おじやに挑戦したりするのですが、新しいレシピになるたび、ヨボは粘膜便や軟便を出しました。

そんなことを3~4ヶ月ほど繰り返していたでしょうか、ある時病院で診てもらったら、大腸炎という診断が下されてしまったのです。そして、療養食以外は口にしてはいけない、と、手作り食にドクターストップがかかってしまいました。

手作り食に変えようとしたことがきっかけで大腸炎になっちゃったのかもしれない、という思いと、お医者さんからの言いつけによって、手作り食への移行は失敗したかに思えました。


ところが、この後、劇的な出会いがあったのです。


それは、また次回~。





クリックありがとうございます。おかげ様で1位を獲得!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

本家ブログはコチラ。
『いたずらじいさん、今日も行く』

あんかけうどん 

あんかけうどん

【材料】
海鮮ふりかけ
にんじん
もやし
小松菜
キャベツ
椎茸
伊勢うどん
葛粉

(トッピング)
青のりふりかけ
茹でたササミ
半熟卵
ごま油


【作り方】
海鮮ふりかけで出汁をとり、みじん切りにした野菜を煮込みます。

別鍋で茹でておいた伊勢うどん(太くてもちもちしたうどんです)を、適当にちぎって、野菜と一緒に軽く煮ます。

ぬるま湯で溶いた葛粉でとろみをつけ、トッピングをしたら出来上がり。


【一言】
週末の朝(というか昼)はうどんにすることが多いので、ヨボのゴハンもうどんになります。

葛は胃腸の調子を整えたり、体を温めてくれるので、定期的に入れたいと思っていますが、冷めにくいのが難点です。そういうときは、茹でて冷凍しておいたササミなどを氷代わりに加えて、早く冷ますようにしています。





クリックありがとうございます。おかげ様で1位を獲得!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

本家ブログはコチラ。
『いたずらじいさん、今日も行く』

もやしのおじや 

もやしのおじや

【材料】
海鮮ふりかけ
もやし
大根
にんじん
キャベツ
椎茸
高野豆腐
雑穀入りご飯(胚芽米)

(トッピング)
ドライ納豆
亜麻仁油


【作り方】
海鮮ふりかけで出汁を取り、みじん切りにした材料と、水洗いしたご飯を入れて煮込むだけ。トッピングをして出来上がりです。


【一言】
我が家で一番よく作る、基本のおじやなので、特に名前はないのですが、今回、もやしが安くて久しぶりに使ったので、「もやしのおじや」と名づけました。

もやしには食物繊維が豊富に含まれているそうですよ。また、消化酵素も含まれているので、消化を促してくれるということですが、それなら、生で与えたほうが良いのかな、などと疑問が湧いてしまいました。もう少し勉強が必要みたいです。





クリックありがとうございます。おかげ様で1位を獲得!
にほんブログ村 犬ブログ 犬 食事・栄養へ

本家ブログはコチラ。
『いたずらじいさん、今日も行く』




skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 ヨボメシ! all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。