スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベーシックおじや 

ベーシックおじや

ワカサギで出汁をとり、じゃがいも・かぼちゃ・にんじん・大根・小松菜・雑穀入りご飯を煮込んでおじやにします。仕上げにドライ納豆と亜麻仁油で、出来上がり。

この日はデザートにラフランス(洋梨)を食べました。


スポンサーサイト

納豆チャーハンSP 

納豆1

【材料】
鶏の挽き肉
ササミを茹でたスープ(今回はササミは使いません)

納豆
にんじん…細かいみじん切りに
おろし生姜(以前まとめて作って冷凍しておいたもの)
レタス
湯がいた大根の葉っぱ(以前まとめて作って冷凍しておいたもの)
雑穀入りのご飯
ごま油

(トッピング用)
青のり
ゴマ…直前にすって使います


納豆2

フライパンにごま油を熱して、生姜・挽き肉・にんじんを炒めて、取り出しておきます。

卵→ご飯→挽き肉たち→納豆の順に炒めたところで、ヨボの分は取り分けます。


納豆3

人間用は、青ネギとジャコなんかを加えて、お醤油で味付けします。青のりとすりゴマをトッピングして出来上がり。


納豆4

ササミのスープを温め、レタスと大根菜を加えてさっと火を通します。


納豆5

盛り付けた納豆チャーハンにスープをかけて、青海苔とすりゴマをトッピングして完成です。冷ましている間に、ご飯がスープを吸って、程よく柔らかくなるでしょう。


ちなみに、本家ブログ『いたずらじいさん、今日も行く』では、こんな記事になっています。→「初・納豆チャーハン」

ササミのクスクス 

ササミのクスクス

【材料】
ササミ
にんじん・キャベツ・かぼちゃ…それぞれみじん切り
クスクス
ニンニク…1かけ
乾燥パセリ
亜麻仁油

【作り方】
水にニンニクを入れてササミを茹で、火が通ったらいったん火からおろしてそのまま冷まします。

にんにくとササミを取り出した茹で汁に、にんじん・キャベツ・かぼちゃを加えて煮込みます。

野菜が柔らかくなったら、裂いたササミとともにクスクスにかけて蒸らします。

パセリと亜麻仁油を添えて出来上がり。


※ニンニクの使用については(それ以外の食材についてもですが)、気になる方は、わんこの体質を見て、個人の判断でお使いくださいね。

かぼちゃおじや 

かぼちゃおじや

昆布で出汁をとり、牛肉をゆがきます。そのまま、にんじん・かぼちゃ・じゃがいも・小松菜を加え、軟らかく煮えたら、水で洗った雑穀ご飯を加えます。

仕上げに、茹でたブロッコリー・大根おろし・ドライ納豆・亜麻仁油を添えて出来上がり。

かぼちゃは皮膚の調子を整えるカロテンが豊富だとか。これからの乾燥する季節に良いかな、と思って使ってみました。


れんこん餅定食 

れんこん餅定食

おじやは、昆布で出汁をとり、にんじん・高野豆腐・聖護院大根・しめじ・手羽先ミンチ・雑穀入りのご飯を煮込みます。出汁をとった昆布も小さく切って一緒に煮ます。

ケールは茹でて、すりゴマと和えます。

れんこん餅は、れんこんをすりおろして、片栗粉・青のりと混ぜて形を整えたら、ごま油でこんがり焼きます。

食べるときには、れんこん餅を小さくちぎって、全部混ぜこぜに。

中華おこげ風 

ポップライス


ファンケルの発芽米ポップライスは、食べやすく割っておきます。



おこげ風


戻した乾燥野菜・れんこん・オータムポエムという菜の花みたいな野菜・かぼちゃを煮込んで、お湯で溶いた葛を加えてとろみをつけます。

これを発芽米にかけて、手羽先のミンチとごま油を添えました。シュワーって言うのが、中華おこげっぽいです。

白っぽいおじや 

白いおじや


天日干しした鯵を細かく裂いて出汁を取り、じゃがいも・にんじん・聖護院大根・かぶ・かぶの葉・雑穀入りのご飯と一緒に煮込みます。仕上げに、ドライ納豆と亜麻仁油を添えて、出来上がり。

この日はデザートにリンゴも食べました。

なんとなく白い食材が多くなってしまいました。海藻や豆類などをもう少し加えたほうが良かったかな、という反省を込めて。

軟骨スープのクスクス 

軟骨クスクス


マイティウェーブの軟骨スープを熱湯を加えるなどして温め、茹でた冷凍しておいたインゲン、同じく、先日作って冷凍しておいた芋餅と一緒にクスクスにかけます。

蓋をしてしばらく放置し、ふやけて程よく冷めたら、亜麻仁油を垂らして出来上がり。

忙しいときは、冷凍しておいたものと、市販のスープなどが助かります。

いろいろ煮 

いろいろ煮


お米を炊いていなかったときや、ちょっと炭水化物を控えようかな、と思ったときなど、お芋を穀類の代わりにしてゴハンを作ることがよくあります。

お水に、安納芋・にんじん・かぼちゃペースト・しいたけ・れんこん・ケール・高野豆腐・ササミミンチを入れて煮込み、具材が柔らかくなったら器に盛ります。

少し冷めたところに、青のり・すりゴマと和えた納豆を乗せ、亜麻仁油を垂らして出来上がり。

うまいネーミングが思いつかないのが難点ですが。

和風パスタ 

和風パスタ


マイティウェーブのスープの素をお湯で溶き、細かく切った安納芋・ニンジン・小松菜・カブ・カブの葉・白菜を煮込みます。別鍋で茹でたパスタと和え、仕上げに、水菜とじゃことごま油を添えて、出来上がり。

自家製クッキー 

クッキー(焼く前)


【材料】
全粒粉…180g 卵黄…1個分 オリーブ油…大さじ3 牛乳…適量

【作り方】
卵黄とオリーブ油をよく混ぜ、全粒粉を加えたらさっくりと混ぜます。牛乳も適宜加えて、全体をまとめます。

ラップに包んで形を整え、冷蔵庫で30分ほど寝かせます(写真)。

目標5mmくらいの厚さに切って、180℃のオーブンで15分焼いたら出来上がり。

野菜あんかけうどん 

野菜あんかけうどん


カツオ節で出汁を取り、ニンジン・小松菜・椎茸・カボチャペースト・高野豆腐と、別に茹でておいた讃岐うどんを一緒に煮込みます。仕上げに本葛粉でとろみをつけて、大根おろし・ドライ納豆・すりゴマ・亜麻仁油をトッピングして出来上がり。

前の晩に、お肉やチーズ・クッキーなどをたくさん食べましたので、野菜中心で、かつ、利尿と胃腸の保護を考えてみました。

カボチャや高野豆腐は利尿・排泄作用があるそうなので、体内の悪いもんを出してくれるでしょう。本葛粉は胃腸を保護してくれます。生の大根は、消化を促すようです。


芋餅定食 

芋餅定食


芋餅…ふかしたジャガイモを熱いうちにつぶして、片栗粉と牛乳・チーズを加え、形を整えてごま油で焼きます。ヨボの分を取り分けたら、塩で味付けをして、飼い主用に。

おじや…天日干しした鯵で出汁をとり、ニンジン・かき菜・椎茸・インゲン・雑穀入りのご飯と豆腐を煮込みました。最後にすりゴマをトッピング。

食べるときは、芋餅を小さくちぎって、全部混ぜます。

鶏団子雑炊 

鶏団子雑炊


昆布で出汁を取り、白菜・小松菜・椎茸・ニンジンを煮込んだら、生姜おろしを混ぜたササミのミンチを団子にして落とします。最後に加える溶き卵は、しっかり火を通しましょう(生の白身はNGフードですからね)。

煮込みうどん 

煮込みうどん


ワカサギ・昆布・カツオ節で出汁を取り、さつま芋・ニンジン・小松菜・白菜と、茹でておいた讃岐うどんを一緒に煮込んで、大根おろしとすりゴマと亜麻仁油をトッピング。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 ヨボメシ! all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。